Javaのclassファイルを逆コンパイルする

@iwasaki 17,643views 更新:2014年9月25日

手元にはclassファイルしか無い状態で、Javaのソースコードの中身を見たい、という時にはclassファイルから逆コンパイルを行います。

JADのダウンロード

http://www.varaneckas.com/jad/

からJADをダウンロードして解凍し、jad.exeをPATHの通っている場所に移動します。

逆コンパイル

jad -8 -pi 100 -sjava sample.class

でsample.javaが生成されます。

各種オプションの説明

-8:文字列をUNICODEのエスケープ表現を使わないで通常の文字列で出力します。日本語を確認したいので指定。

-pi 100:import文をある程度(100行分は)そのまま表示させるので・・・。

-sjava:ファイルの拡張子をjavaにします。

コメント

  1. 高瀬 裕介 のコメント (2014年9月25日)

    コマンドラインもいいんですが、手っ取り早くソースだけ見たいときはJD-GUIもいいですよね
    http://jd.benow.ca/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません