Redhatにてyumで新しいパッケージがインストールできなかったら

alkoshikawa 18,505views 更新:2014年10月1日

yumをおこなっても新しいパッケージがインストールできず、
/var/log/message に

rhsmd: This system is missing one or more valid entitlement certificates. Please run subscription-manager for more information.

というのが出ている場合、redhatに登録をおこなっていない可能性があります。

まずサイトにサブスクリプションのアクティベートがされているのか確認します。
https://www.redhat.com/wapps/sso/login.html
にログインし、「カスタマーポータル > サブスクリプション > サブスクリプション > アクティブなサブスクリプション 」にて

・Red Hat Enterprise Linux Server xxxxxxxxxxxx

というものがあればアクティベートは行われている状態です。
いない場合は追加してください。

サーバー側で

subscription-manager register --username={username} --password={password} --autosubscribe

とやることで本来なら自動的に登録とサブスクリプションが済みますがうまくいかない場合があります。

subscription-manager refresh
subscription-manager list

をおこない、サブスクライブされていないことを確認します。

subscription-manager list --available

でRHN上でアクティベートされているサブスクリプションが表示されます。
そこのプールIDを以下のコマンドで指定して実行します。

subscription-manager subscribe --pool={プールID}

ここでうまくいけば良いですが、

Red Hat Enterprise Linux Server xxxxxxxxxxxxxxxx のコンテンツセットが多すぎます

というエラーが出た場合、subscription-managerが古くて対応できないようです。

https://rhn.redhat.com/rhn/software/channels/All.do
にアクセスし必要なRPMをダウンロードします。
※Redhatにログインしていないと表示できません。

python-rhsm-1.9.7-1.el6_5.x86_64.rpm
subscription-manager-1.9.11-1.el6.x86_64.rpm
subscription-manager-gui-1.9.11-1.el6.x86_64.rpm
subscription-manager-firstboot-1.9.11-1.el6.x86_64.rpm

古いパッケージを削除します。

rpm -e subscription-manager-firstboot
rpm -e subscription-manager-gnome

インストール、アップデートします。

rpm -Uvh python-rhsm-1.9.7-1.el6_5.x86_64.rpm
rpm -Uvh subscription-manager-1.9.11-1.el6.x86_64.rpm
rpm -Uvh subscription-manager-gui-1.9.11-1.el6.x86_64.rpm
rpm -Uvh subscription-manager-firstboot-1.9.11-1.el6.x86_64.rpm

これで

subscription-manager attach --pool {プールID}

にてサブスクライブすることができます。 yumで新しいパッケージがインストールできるか試してみてください。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません