SSHの接続がよくきれるときの対処

alkoshikawa 732views 更新:2014年10月2日

CentOSのデフォルト設定だとターミナルによっては1分程度放っておくと接続が切れることがあります。 原因は外的要因のようですが、通信をおこなっていないとみなされて切断されるようです。

vim /etc/ssh/sshd_config
---
ClientAliveInterval 60
ClientAliveCountMax 3
---
service sshd reload

とやっておくと1分に一回生存確認のパケットが飛び接続がきれることがなくなるようです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません