CentOSにgit1.9を入れる

alkoshikawa 331views 更新:2014年10月8日

CentOS6系だとyumでインストールできるgitは1.7系です。 1.7だとcache機能がないので1.9を入れます。 RPMなさそうなのでmakeです。

yum install -y zlib-devel perl-devel gettext
cd /usr/local/src
wget https://git-core.googlecode.com/files/git-1.9.0.tar.gz
tar zxvf git-1.9.0.tar.gz
cd git-1.9.0
./configure
make
make install

git19で使えるようにシンボリックリンクを貼っときます。

ln -s /usr/local/bin/git /usr/bin/git19

参考:http://qiita.com/naonya3/items/54c8e3436212ad6686b3

追記:2014/10/16

環境によっては git clone https://github.com/xxxxx とやったときに

fatal: Unable to find remote helper for 'https'

と出てしまうようです。 この場合は

cd git-1.9.0
./configure --prefix=/usr/local --with-curl --with-expat
make all
make install

とすることで問題なくなるようです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません