NegativeArraySizeExceptionについて

watanabe 204views 更新:2014年10月14日

NegativeArraySizeExceptionは配列のサイズが負の値となったときに生じる例外です。

配列のサイズを処理の実行時に動的に制御している場合、

負の値がサイズの指定に入ってしまうことがよくある原因です。

対処法としては配列のサイズを指定する変数が正の数であるかチェックする処理を加えること、

負の数である場合には配列を生成せずに処理を終了するようにするなどがあります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません