pgAdminでテーブルのバックアップを取る方法

otaguro 5,893views 更新:2014年10月20日

テーブルのレコードを一時的に消したいときなど、手軽にレコードをバックアップしておきたいことがあるかと思いますが、
PgAdminIIIを使えば簡単にバックアップすることが出来て便利です。

手順は次の通りです。

  1. サーバに接続する
  2. {テーブル名}(または{データベース名})を右クリック、「バックアップ」を選ぶ
  3. ファイル名を設定して、「バックアップ」ボタンを押す

テーブル名を右クリックした時には、選択されたテーブルだけがバックアップされます
戻す時には、右クリックして「リストア」を選びます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

1件のトラックバック

こちらもお役に立つかもしれません