PostgreSQLに外部から接続できるように設定する

Tetsuro Aoki 5,674views 更新:2014年10月21日

PostgreSQLに外部から接続するための設定です。
postgresql.confとpg_hba.confの2つの設定ファイルを編集します。 これらは一般的にPGDATA下にあるようです。
PGDATAのパスは以下のようにして確認できます。

su - postgres
echo $PGDATA

postgresql.confを編集します。

vim postgresql.conf
-----------------------------------------------
listen_addresses = '接続を許可するIPアドレス'
-----------------------------------------------

‘*’と設定することで全てのアドレスからの接続を許可できます。

pg_hba.confを編集します。

vim pg_hba.conf
-----------------------------------------------
# IPv4 local connections:
host  all  all  接続を許可するIPアドレス    trust
-----------------------------------------------

IPアドレスをallにすると全てのIPから接続できます。
trustをpasswordに変更するとパスワード認証が必要になります。

PostgreSQLを再起動します。

su - postgres
pg_ctl restart

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

1件のトラックバック

こちらもお役に立つかもしれません