MySQL Workbenchでテーブルのバックアップを取る方法

otaguro 12,902views 更新:2014年10月21日

前回、pgAdminIIIでテーブルのバックアップを取る方法を紹介しました。
MySQLで同様のことを行うには、MySQL Workbenchを利用できます。

バックアップを取る方法

  1. データベースに接続する
  2. メニューバーのServer→Data Exportを選択する
  3. バックアップしたいテーブルを「Select Databae Objects to Export」の欄から選び、
    Export to Dump Project Folder(保存先のパス)を設定します
  4. 「Start Export」ボタンを押せば、保存されます


データを復旧させる方法

  1. データベースに接続する
  2. メニューバーのServer→Data Importを選択する
  3. Import from Dump Project Folder(保存したフォルダのパス)を設定して、
    復旧させたいテーブルを選びます
  4. 「Start Import」ボタンを押せば、復旧されます

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません