Gruntの使い方:プラグインのインストール

goto_jp 410views 更新:2013年12月9日

前回の続きです。
コマンドプロンプトを package.json のあるプロジェクトフォルダへ移動しておいてください。

今回はGruntに機能を加えるプラグインを入れます。

npm install grunt-contrib --save-dev

量が多いので多少時間がかかりますが、 node_modules の中にプラグインのファイルが多数追加されます。

これでGruntを実行させるためのファイルが揃いました。

ここまでのGruntとプラグインのインストール作業はプロジェクトごとに必要です。
毎回同じ作業をするのは面倒ですよね。

package.json を開いてみてください。追加したプラグインの情報が追記されています。

Gruntとプラグインをインストールする時に「–save-dev」というオプションを加えていましたが、これは package.json に環境を記録するオプションです。

ここで、 node_modules をフォルダごと削除して下記のコマンドを打ってください。

npm install

また元に戻ったと思います。

package.json にインストール情報を記録しておけば一括でインストールさるので、復旧する時や他のプロジェクトへの流用が簡単になります。

実行ファイルが一通り揃いましたので、次回より実行について説明します。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません