CentOS6系にOpenSMTPDを入れる

alkoshikawa 205views 更新:2014年11月10日

BSDでデフォルトでインストールされているMTAですが、Linuxにもインストールすることができます。 いままで見たMTAの中で一番ユーザーフレンドリーな設定ファイルでした。

yum install automake autoconf libtool libevent libevent-devel byacc 
cd /usr/local/src
wget https://github.com/OpenSMTPD/OpenSMTPD/archive/opensmtpd-201406061833p1.tar.gz
tar zxvf opensmtpd-201406061833p1.tar.gz
cd OpenSMTPD-opensmtpd-201406061833p1/
./bootstrap
./configure
make
make install
mkdir /var/empty  
useradd -c "SMTP Daemon" -d /var/empty -s /sbin/nologin _smtpd
useradd -c "SMTPD Queue" -d /var/empty -s /sbin/nologin _smtpq

外からメールを受信できるようにします。

vim /usr/local/etc/smtpd.conf
---
# This is the smtpd server system-wide configuration file.
# See smtpd.conf(5) for more information.

# To accept external mail, replace with: listen on all
listen on 0.0.0.0

# If you edit the file, you have to run "smtpctl update table aliases"
table aliases file:/etc/aliases

# Uncomment the following to accept external mail for domain "example.org"
accept from any for domain "{domain}" alias <aliases> deliver to mbox

accept for local alias <aliases> deliver to mbox
accept for any relay
---
smtpd

で起動します。 デバッグモードは

smtpd -dv

です。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません