Javaアプリケーションのボトルネック調査

alkoshikawa 392views 更新:2013年12月10日

JavaアプリケーションにボトルネックがあったときにまずSQLを疑いますが、
SQLを改善してもまだ遅い場合こいつを使います。
http://info.appdynamics.com/AppDynamicsLiteJavaNetOLD.html

中に入っている「LiteViewer.zip」「AppServerAgentLite.zip」を解凍します。

Javaの起動オプションに

-javaagent:{path}/AppServerAgentLite/javaagent.jar

を指定して起動します。
AppServerAgentLite内に入っている

adlite-viewer.jar

を起動します。

http://{host}:8990/

にアクセスしてログインします、ユーザー名パスワードを指定していない場合はadmin:adminで通ります。
使いかたとしては、JavaアプリケーションをいじっているとSnapshotsのところにデータが出てきますのでそいつの詳細を表示します。
詳細を見るとどこの関数で時間がかかっているかがわかるようになります。

なお、PlayFramework2.0ではそのままでは使えなかったので調整が必要そうです。

 

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません