aws configure コマンドでリージョンとアウトプットタイプを打ち込みたくない人のためのスクリプト

高瀬 裕介 109views 更新:2014年11月13日
#!/bin/sh
if [ ! -f ~/.aws/config ]; then
  mkdir ~/.aws
  echo -n "AWS_ACCESS_KEY_ID:"
  read AWS_ACCESS_KEY_ID
  echo -n "AWS_SECRET_ACCESS_KEY:"
  read AWS_SECRET_ACCESS_KEY
  cat << EOM >> ~/.aws/config
[default]
output = text
region = ap-northeast-1
aws_access_key_id = ${AWS_ACCESS_KEY_ID}
aws_secret_access_key = ${AWS_SECRET_ACCESS_KEY}
EOM

  chmod 0400 ~/.aws/config

  cat << EOM >> ~/.aws/credentials
[default]
aws_access_key_id = ${AWS_ACCESS_KEY_ID}
aws_secret_access_key = ${AWS_SECRET_ACCESS_KEY}
EOM

  chmod 0400 ~/.aws/credentials
fi

【2014/12/18 AWS CLIの仕様変更につき修正】

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません