Play Framework2.2から2.3にする際のサブプロジェクトを使っているケースでの注意点

@iwasaki 308views 更新:2014年11月17日

Play Framework2.2のアプリケーションを2.3にする方法

https://www.playframework.com/documentation/ja/2.3.x/Migration23

にあるように大きく2点

project/build.properties

sbt.version=0.13.5

project/plugins.sbt

addSbtPlugin("com.typesafe.play" % "sbt-plugin" % "2.3.XXX")

などのように対応をしていきます。

なおサブプロジェクトを使っている場合、Playのプロジェクトではないもの(Javaの自前ライブラリ集などをサブプロジェクトにしている場合)は

lazy val common = RootProject(file("modules/common"))
↓
lazy val common = (project in file("modules/common")).enablePlugins(SbtWeb)

Playのサブプロジェクトは

lazy val base = project.in(file("modules/base")).dependsOn(common).aggregate(common)
↓
lazy val base = (project in file("modules/base")).enablePlugins(PlayJava).dependsOn(common).aggregate(common)

のようにして対応します。

実際に対応を行ったコミットが以下になるので宜しければご参考下さい。

https://github.com/YoshiteruIwasaki/PlayFrameworkRecruitConsole/commit/e22f407ac170116c7b6ce112c3feb3da2841f6cf

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません