Javaでリストの要素取得件数を制限する方法

watanabe 564views 更新:2014年11月18日
if (values.size() < 10) {
    resultList.addAll(values);
} else {
    for (int i = 0; i < 10; i++) {
        resultList.add(values.get(i));
    }
}

resultListを返すことで10件までに取得件数を制限した配列を取得できます。

上記の処理ではvalues(resultListに入れる要素を含んだ配列)から10件以内の場合は全てresultListに代入し、

10件以上の場合は先頭から10件取り出してresultListに代入するようになっています。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません