PostgreSQLのデータベース設定はポート番号もチェックする

Yukimi Sato 75views 更新:2014年11月21日
cayenne.dbcp.driverClassName=org.postgresql.Driver
cayenne.dbcp.url=jdbc:postgresql://localhost:5432/org001
cayenne.dbcp.username=postgres
cayenne.dbcp.password=aipo
cayenne.dbcp.maxActive=20
cayenne.dbcp.minIdle=0
cayenne.dbcp.maxIdle=0
cayenne.dbcp.maxWait=10000

開発環境構築の際に、どうもDBにアクセスできていないらしいというところで躓いたのでメモ。

もともとOSS版のAipoをインストールしていた影響で、DBを作ったPostgreSQLのポート番号がその分変更になっていることに気が付かず、大分時間がかかりました…。

データベース設定を確認する時は、ユーザー名とパスワードだけではなく、ポート番号も確認しておくといいと思います。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません