mvn installの際に「1.7は無効なVMバージョンです」と表示される時の対応

otaguro 1,411views 更新:2014年11月25日

javaのバージョンが1.7よりも前のものになっているために起きるようです。

コマンドプロンプトで

set JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_71

のように バージョン1.7のjavaを指定してから、mvn installをすればエラーは出なくなります。

Eclipseを利用している場合には、Eclipseの方でもJavaの設定を変える必要があります。こちらは、 メニューバーのウィンドウ→設定→Java→Installed JREsからAddボタンを押して、VersionがStandardVMでLocaltionがC:\Program Files\Java\jdk1.7.0_7となっているjreを指定します。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

1件のトラックバック

こちらもお役に立つかもしれません