【Aipo環境構築】作業を始める前にチェックする項目

Yukimi Sato 87views 更新:2014年11月26日

特に開発系のツールがインストールされていなければ問題ないんですが、ちょこちょこ入ってたりすると色々と環境構築で躓くので、そのためのメモです。

  1. OSS版のAipoを既にインストールしている/していない
  2. PostgreAQLを既にインストールしている/していない
  3. Apacheを既にインストールしている/していない
  4. Tomcatを既にインストールしている/していない

1,2:「している」場合

新たにインストールしたPostgreSQLのポート番号が変更になっていると思いますので、ビルド前に設定確認を行い、適切なポート番号を設定する必要があります。

3,4:「している」場合

ポート:8080が使われている可能性が高く、Tomcatの起動に失敗すると思います。
その場合は既に動いているApache、Tomcat(XAMPP含む)を確認し、停止してからもう一度Tomcatを起動する必要があります。この時、一度起動したいTomcatも停止させ、その後再起動をかけてください。
404になる時はTomcatの起動に失敗している時、タイムアウト表示の時はTomcatは起動しているが、DBからデータを引っ張ってこれていない時なので、PostgreSQLの設定を確認してみるといいかもしれません。

すべてしていない場合は環境構築の際に謎のエラーで悩まされることは少ないと思います。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません