Gruntの使い方:プラグインを一括で読み込む

goto_jp 258views 更新:2013年12月13日

前回の続きです。
プロジェクトフォルダは前回同様となります。

プラグインを多数インストールしている場合、一つ一つGruntfile.jsに設定しなければならないのは手間です。

Gruntfile.js を下記のように修正してください。

module.exports = function(grunt) {

  //追記
  var pkg = grunt.file.readJSON('package.json');

  grunt.initConfig({
    //~省略~
  });

  //変更
  var taskName;
  for(taskName in pkg.devDependencies) {
    if(taskName.substring(0, 6) == 'grunt-') {
      grunt.loadNpmTasks(taskName);
    }
  }
};

4行目で package.json を読み込み、11行目から package.json に書かれているプラグイン情報をもとに一括して読み込んでいます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません