Tomcatでシリアライズを無効化する

alkoshikawa 1,031views 更新:2013年12月16日

JavaでシリアライズIDを指定しておくと
Tomcatを停止したときにセッションをファイルとして保存してくれて
Tomcat起動時に読み込んで前回のセッションを引き継ぐことができます。

ただしアプリケーションの方でシリアライズ可能なように調整しておかずに適当にIDを降ってしまった場合、
Tomcat再起動時にエラーが起こり、最悪特定のページでNoClassDefFoundErrorが出てしまいます。
エラーの原因がわからないときはTomcatの設定でそれを防ぐことができます。

{Tomcat}/conf/context.xml
---------------------------
<Manager pathname="" />
---------------------------

コメントアウトされている上記記述を有効にします。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません