Route53 を利用して CloudFront のフェイルオーバーを行う

nbeppu 550views 更新:2014年11月27日

今回(2014/11/27)のような CloudFront の障害に備えるために、 通常は CloudFront を利用して、障害時には S3 にフェイルオーバーする手順をまとめておきます。

(1). Route53 の Health Checks の設定を行います。

Specify Endpoint By: Domain Name
Domain Name: CloudFrontのドメイン名 (************.cloudfront.net)
Path: ヘルスチェックするパス

(2). Health Checks と連動したフェイルオーバーの設定を行います。

Primary
- Name: static.sample.com
- Type: Aレコード
- Alias: Yes
- Alias Target: CloudFrontのドメイン名 (************.cloudfront.net)
- Routing Policy: Failover
- Failover Record Type: Primary
- Evaluate Target Health: No
- Associate with Health Check: Yes
- Health Check to Associate: Health Check 
Secondary
- Name: static.sample.com
- Type: Aレコード
- Alias: Yes
- Alias Target: S3のドメイン名 ( ************.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com )
- Routing Policy: Failover
- Failover Record Type: Secondary
- Evaluate Target Health: No
- Associate with Health Check: No

(3). static.sample.com にアクセスした場合に、通常は CloudFront を利用して、障害時には S3 にフェイルオーバーすることができます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません