HTMLのクォーテーションマークの識別

jpacion4 90views 更新:2014年12月3日

コードを書いていると二重でクォーテーションマークが使われることがよくあります。しかし、通常通りすべてダブルクオーテーションマークにしてしまうと読み込みがどこまでのダブルクオーテーションマークなのか分かりません。下記のようにシングルクオーテーションマークも織り交ぜてコードを書くときちんと識別できるようになります。

ALtditem(”<a href=”$!result.Detail.Url’><img title=’$!result.Detail.Url’ src=”http://hacknote.jp/wp-content/plugins/lazy-load/images/1×1.trans.gif” data-lazy-src=”http://capture.heartrails.com/120×90/cool/1417580160805?$!result.Detail.Url” alt=’$!result.Detail.Url’ width=’120′ height=’90′ />“)

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません