コマンドプロンプトでlsする

Tomoumi Nishimura 350views 更新:2014年12月4日

普段LinuxやMacを使っていて、たまに開発でWindowsを使っていると、コマンドプロンプトでlsと入力して

'ls' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

と怒られてしまい、ストレスが溜まります。 これに応急処置的に対処するbatを作成します。

一行ですが、以下のとおりです。

@dir %*

%*はbatファイルに渡された引数全てを表します。

これをls.batというファイル名でWindows\system32あたりに配置するか、適当なフォルダに同名で配置してパスを通してやるとlsを打って怒られるということもなくなります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません