nginxのキャッシュ

Tetsuro Aoki 65views 更新:2014年12月9日

nginxのキャッシュ機能には以下の2種類があります。

  • proxy cache
  • fastcgi cache

proxy cacheはバックエンドのサーバに処理を渡し、その結果をキャッシュする機能です。この場合、キャッシュサーバ(nginx)のバックエンドにもう1つWebサーバを用意する必要があります。
fastcgi cacheはバックエンドのfastcgiのレスポンスを直接キャッシュする機能です。この場合はWebサーバ(nginx)1つのみでproxy cacheと同等の効果が得られるので、シンプルな構成でキャッシュを使うことができます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません