gistubで静的ファイルが404になる場合

Tetsuro Aoki 70views 更新:2014年12月19日

railsのアプリケーションをインストールしてWebアクセスしたとき、
cssやjsといった静的ファイルが404になっていることがあります。
これは静的ファイルを事前にコンパイルすることで回避することができます。

gistubの場合、静的ファイルのプリコンパイルはassets環境でしか行えないようになっているので
Gemfileを編集してproduction環境でもプリコンパイルを行えるようにします。

vim Gemfile
--------------------------------------------
group :assets, :production do
  gem 'less-rails'
  gem 'twitter-bootstrap-rails'
  gem 'therubyracer', :platforms => :ruby
  gem 'therubyrhino', :platforms => :jruby
  gem 'uglifier', '>= 1.0.3'
end
--------------------------------------------

Gemfileを編集後、プリコンパイルを実行します。

bundle exec rake assets:precompile RAILS_ENV=production

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません