Git:masterの修正内容をブランチにマージする

goto_jp 527views 更新:2014年12月26日

通常は改修単位でブランチを切り、そのブランチをmasterにマージしますが、ブランチの改修が長引いたりそのブランチも別バージョンのように並行して長期走る場合、master側の内容を反映させたい場合があります。

その場合、masterをブランチ側にマージしてしまいましょう。

まずmasterを反映したいブランチにチェックアウトしておきます。

git checkout branchname

そしてブランチにmasterをマージします。

git merge master

これで完了です。

マージされた「branchname」側にはmasterの内容が反映されますが、マージした「master」側にはなんの影響もありません。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません