ユーザー作成して秘密鍵でログインできるようにするまでのメモ

alkoshikawa 70views 更新:2015年1月5日

ユーザー作成して秘密鍵でログインできるようにするまでは割りとメンドイのでメモっておきます。 グループをApacheにしてWEBコンテンツ更新可能にしておく。

ユーザーの追加

useradd {user}
usermod -g apache {user}

秘密鍵作成

su {user}
ssh-keygen -t rsa 
cat ~/.ssh/id_rsa.pub > ~/.ssh/authorized_keys
chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

umaskの変更

su {user}
vim ~/.bash_profile
---
umask 0002
---

ローカルでopenssh形式からputtyとかwinscpで使えるようにしておく

パス無し

puttygen -O private secret.pem -o secret.ppk

パスあり

puttygen -O private secret.pem -o secret.ppk -P

PPKからPEMに戻すには

puttygen -O private-openssh secret.ppk -o secret.pem -P

で可能ですが、puttyの方でバグがあるようでリポジトリの最近にしないといけないようです。

brew reinstall putty --HEAD

でputtygenを更新します。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません