Swift で Objective-C のライブラリを利用する

nbeppu 109views 更新:2015年1月7日

まず、新規ファイル作成でヘッダファイルを作成します。 ここでは Sample-Briding-Header.h とします。

次に、Sample-Briding-Header.h で使用したい Objective-C のライブラリのヘッダを記述します。

#import <AFNetworking/AFNetworking.h>

[BuildSetting] → [Swift Conpiler - Code Generation]

Objective-C Bridging Header の項目に、Sample-Briding-Header.h を設定します。

これで swift 上で Objective-C のライブラリが使用可能となります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません