LinuxのSwap領域を開放する

高瀬 裕介 507views 更新:2015年1月14日

スワップ機能を一旦に無効にして領域内のデータをメモリに移す

free -m
# Swapの使用量に対して十分な実メモリの空きがあることを確認
swapoff -a && swapon -a
free -m
# Swap領域が戻っていることを確認

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません