Alfredを導入する

Tomoumi Nishimura 71views 更新:2015年2月5日

Mac向けのランチャーソフトにAlfredというものがあるのですが、これを使うと作業が捗ります。

1.Alfredをインストールする

公式ページからAlfredをダウンロードします。

Alfred App – Productivity App for Mac OS X

zipを解凍するとappファイルが入っているので、アプリケーションフォルダに移動します。

移動したあとで起動すると、設定画面が表示されます。起動トリガー用のキーを設定し、起動時にAlfredを起動するチェックを入れて設定画面を閉じます。

これでインストール完了です。

2.使い方

設定したトリガーキーを入力することで、ランチャー画面が立ち上がります。

テキストボックスだけの画面ですが、以下の操作をすることができます。

(1) アプリケーションの起動

アプリケーション名を入力すると、名前が一致するアプリケーションがサジェストされます。

上下キーで起動したいアプリケーションを選択し、Enterを押下するとそのアプリケーションが起動されます。

(2) Web検索

アプリケーションと一致しない文字列を入力すると、「Search Google for ‘XXX’」という選択肢が現れます。

これを選択してEnterを押下すると、Googleにてその文字列の検索が行われます。

同様に、初期設定で利用すればAmazon, Wikipediaでの検索も表示されます。

(3) システム操作

例えば、sleepと入力すると、Macのスリープ処理がサジェストされます。

同様に、restart, shutdownで再起動、シャットダウンも可能です。

僕がよく使うのはこのへんですが、その他にもいろいろなキーワードがあります。

(4) オリジナル操作

上の処理に加え、自分で操作を追加することが可能です。

無料版だと、Web検索の対象となるページを追加できる程度ですが、有料版にするとさらに細かい変更が可能なようです。

(5) その他

その他にも、例えば数式を入力すると計算結果が表示されたりなど細かいTipsがたくさんあります

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません