bashのブレース展開を用いてパス指定を楽にする

Tetsuro Aoki 178views 更新:2015年2月24日

例えば以下のようにカレントディレクトリから離れたファイルのバックアップを取ろうとするとパス指定が面倒です。

cp /path/to/file /path/to/file.backup

このようなときはブレース展開を使うと同じパスを二度入力しなくて良くなり楽になります。

cp /path/to/{file,file.backup}

ブレース展開とは上記のように中括弧(ブレース)で囲んだ文字列をカンマ区切りで展開する機能です。
これで最初に書いたコマンドと全く同じ意味になります。
mvコマンドやmkdirコマンドなどで使っても便利です。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません