メンテナンス画面を出すための.htaccessの書き方

@iwasaki 430views 更新:2015年2月26日

下記にメンテナンス画面を設置します。

/var/www/html/maintenance.html

htaccessに下記を追記します。

自分のIPアドレスのみアクセス可能な状態にしておきます。スマホなど別のネットワークからアクセスしてメンテナンス画面になっていることを確認の上、作業に入ります。

メンテナンス画面のステータスコードは 503(サービス利用不可)にしておきます。

ErrorDocument 503 /maintenance.html

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteCond  %{REMOTE_HOST}  !^XXX.XXX.XXX.*
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/maintenance.html
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.css$
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.js$
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.jpg$
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.gif$
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.png$
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !(.+)\.js
  RewriteRule ^(.*) https://%{HTTP_HOST}/maintenance.html  [L]
</IfModule>

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません