近場のMac間やiPhone、iPad間のファイル共有に便利なAirDrop機能の利用方法

harada 781views 更新:2015年3月4日

手持ちのiPhoneや隣のMacなど近場でのファイルのやりとりにAirDrop機能がとても便利です。 MacはOS X Yosemiteから利用できるようになってようです。

利用方法

iPhoneからファイルを送信しiMacで受信する場合

iMac側

  1. Finderのサイドブロックにデフォルトで表示されているAirDropを開きます。
  2. 「このMacを検出可能な相手」を「全員」に選択します。

iPhone側

  1. カメラロールから送信したいファイルを選択します 。
  2. 左下の四角に矢印がのっているアイコンをタップし、「AirDrop」を選択します。
  3. そうすると受信可能なユーザー一覧が表示されるので、該当のMacの名前を選択します。

iMac側

  1. iMac側のAirDrop画面にiPhoneからファイルが送られてきているという表示がされるため、「保存して開く」か「保存する」を選択します。
  2. 「ダウンロード」フォルダにファイルが送られています。

iMacからファイルを送信しiMacで受信する場合

受信するiMac側

  1. Finderのサイドブロックにデフォルトで表示されているAirDropを開きます。
  2. 「このMacを検出可能な相手」を「全員」に選択します。

送信するiMac側

  1. 送信したいファイルを右クリックまたはControlを押してクリックしメニューを表示します。 「共有」>「AirDrop」を選択します。
  2. そうすると受信可能なユーザーが表示されるので、該当のMacの名前を選択します。

受信するiMac側

  1. 受信するiMacのAirDrop画面にiMacからファイルが送られてきているという表示がされるため、「保存して開く」か「保存する」を選択します。
  2. 「ダウンロード」フォルダにファイルが送られています。

オフィシャルな解説はこちら
AirDrop を使ってワイヤレスでコンテンツを共有する

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません