OAuth2Clientでログイン成功時にログインしたアカウントを取得する

Tomoumi Nishimura 55views 更新:2015年3月4日

OAuth2Clientは非同期的にログイン処理を行い、ログイン成功時にはNotificationの形で成功を伝えます。

この際、ログインに成功したアカウントをNotificationで利用するためには、Notification.userInfoNXOAuth2AccountStoreNewAccountUserInfoKeyを参照します。

notificate.addObserverForName(NXOAuth2AccountStoreAccountsDidChangeNotification
    , object: NXOAuth2AccountStore.sharedStore(), queue: nil, usingBlock: {
    (notification: NSNotification!) in
    // Authorization Succeeded
    if let userInfo = notification.userInfo {
        let account = userInfo[NXOAuth2AccountStoreNewAccountUserInfoKey] as NXOAuth2Account
    }
})

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません