StringBufferクラスについて

Takkiii 68views 更新:2015年3月9日

StringBufferクラスについて調べる機会があったのでjavaを始めたての人のためにもこちらに記録しておく。

StringBufferクラスは「スレッドセーフな可変の文字列」だそうだ。Stringクラスとは、変更できる点において異なる。Stringクラスの文字列は定数であるため、値を作成したあとの変更はできない。一方、StringBufferクラスではappendメソッドとinsertメソッドを使用することで値の変更が可能である。

なお、バッファとは「複数の主体がデータを送受信する際に、処理速度や転送速度の差を補うためにデータを一時的に蓄えておく記憶装置や記憶領域」とされている。

その他、ソースコード上で知らなかったメソッドとしてequals()メソッドが出てきたのでこちらについても共有したい。equals()メソッドは文字列が(ここ)と等しいかどうかを調べるために使用されるメソッドである。

String str = "Test";
if (str.equals("Test")) {
  System.out.println(str)
}

※equals()メソッドを使用し、strの値がTestであればstrの値を出力する、という処理をif文を用いて記述してある。

参考URL StringBufferクラスについて, バッファについて, Stringクラスについて, equals()メソッドについて

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません