ベストなフロント開発環境構築:Yeomanの環境確認

goto_jp 565views 更新:2014年1月14日

前回の続きです。

Yeomanのパッケージを展開したフォルダ以下で下記のGruntコマンドを打ってください。

grunt server

localhost:9000でブラウザが立ち上がり、生成された環境が表示されます。

この画面は backbone のパッケージを展開した app/index.html を開いているのですが、試しに index.html を適当に修正し保存をしてください。

すると自動的に localhost:9000 で開いているブラウザ側の内容も更新されます。これはYeomanのLiveReload機能が動作しているためです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません