EclipseのEGitでリセットをする方法

otaguro 3,528views 更新:2015年3月10日

コミットをやり直したい時や、コミット後に変更箇所を元に戻したいときには「Gitパースペクティブ」でのリセットが便利です

  1. 「Gitパースペクティブ」を開く
  2. 「Gitリポジトリー」ビューでリセットしたいプロジェクトを右クリックする
  3. 表示→「Git参照ログ」を選択する
  4. 「Git参照ログ」ビューで戻したい時点のコミットを右クリックして「リセット」 を選択する
  • 変更したファイルの状態はそのままで、直前に行ったコミットを取り消したいときなど(例えば、コミット時にファイルの改行コードが全て変更されてしまったので、autocrlfのプロパティを変えてコミットし直したいとき)は、「混合(HEADおよびインデックス)」を選択します
  • ファイルの変更とコミットを取り消したい時(例えばリモートブランチから新規ブランチを作成した時の状態に戻したいとき)は、ハード(HEAD、インデックスおよび作業ディレクトリ)を選択します
  • 現在のブランチの位置だけを変えたいときはソフト(HEADのみ)を選択します(EGitではあまり使わないかもしれません)

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません