MySQL5.5をソースインストールしてからの初期設定

alkoshikawa 586views 更新:2014年1月16日

ソースインストールしてそのまま使えるかというと微妙で、

結構設定をいじらないとデフォルト設定を読みにいくため起動に失敗します。

MySQLの設定ファイルをコピって調整します

cp /usr/local/mysql55/support-files/my-samll.cnf /usr/local/mysql55/etc/my.cnf
vim /usr/local/mysql55/etc/my.cnf
----------
[client]
socket          = /tmp/mysql55.sock

[mysqld]
socket          = /tmp/mysql55.sock
character-set-server = utf8
----------

初期化をおこないます。

cd /usr/local/mysql55/scripts
./mysql_install_db --user=mysql --basedir=/usr/local/mysql55 --datadir=/usr/local/mysql55/data --defaults-file=/usr/local/mysql55/etc/my.cnf

起動スクリプト、サービス設定。

cp /usr/local/mysql55/support-files/mysql.server /etc/init.d/mysql55
vim /etc/init.d/mysql55
----------
basedir=/usr/local/mysql55
datadir=/usr/local/mysql55/data
conf=/usr/local/mysql55/etc/my.cnf
を追加

mysqld_pid_file_path=/tmp/mysql55

#conf=/etc/my.cnf  

$bindir/mysqld_safe --defaults-file=$conf --datadir="$datadir" --pid-file="$mysqld_pid_file_path" $other_args >/dev/null 2>&1 &
----------

chkconfig --add mysql55
service mysql55 start
ln -s /usr/local/mysql55/bin/mysql /usr/bin/mysql55

 

 

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません