aipo-stateの設定確認

sakukazu 41views 更新:2015年3月18日

2015/3/18

いまのところaipo-state部分はJDK1.6しか対応していないようです。
以下環境構築手順
プロパティ(右クリック)のjavaコンパイラー→コンパイラー準拠レベルを1.6にする。
1.6に対応するappengine-java-sdkをここからダウンロードし、~/Documents/developなどに置く(どこでもよい)。
Eclipseの環境設定⌘,からGoogle→Appエンジンから先ほどのディレクトリをまるごと選択する。
aipo-state→プロパティ→Javaのビルドパス→ライブラリー→ライブラリーの追加→google app エンジンでappengine-java-sdk-1.6.xを追加。 またaipo-state/src/com/setting.properties内で以下を確認する。

dev.domain = local_(PCのログインユーザー名)_

この(PCのログインユーザー名)というのはMacの場合、ディスプレイの左上のアップル記号をクリックした時に”〜をログアウトする”と表示された時の”~”である。自分の場合だと変数名はlocal_develop60_だった

リフレッシュ時に/war/WEB-INF/lib内のファイルが消されることがあるので右クリック→置換→Gitインデックスで復元する。また、指定したファイルがありませんというエラーが出た場合、そのファイルがここにあったりするのでそのときは、ここを参照するように/.classpathを編集する。

aipo-stateを再起動する

  1. aipo-stateの停止
  2. aipo-stateのリフレッシュ
  3. リフレッシュ時に消されるファイルを復元
  4. google app engineはデータベースとしてローカルにファイルを作るので再起動する場合は整合性を保つためにこのファイルを削除する必要がある。/war/WEB-INF/appengine-generated/local_db.binを削除
  5. メニュー→プロジェクト→クリーンでaipo-stateをクリーン
  6. aipo-stateを起動(右クリック→実行→4Webアプリケーション)
  7. tomcatを再起動

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません