DojoでAjax通信を行う

watanabe 52views 更新:2015年3月18日

DojoでAjax通信を行う場合は以下の処理を使うことで簡単にAjax通信が行えます。

GETの場合

dojo.xhrGet();

POSTの場合

dojo.xhrPost();

上記の処理にurlやcontentといったパラメータやload、errorでコールバック関数を指定して渡すことで、 Ajax通信に必要なパラメータの指定が行えます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません