MacのターミナルからAmazon S3へファイルをアップロードする

harada 575views 更新:2015年3月19日

s3cmdを利用することで、ターミナルからS3の操作ができるようです。

インストール

ターミナルを起動して、s3cmdをインストールします。

brew install s3cmd

S3の設定を行います。

s3cmd --configure

順番に必要な情報を入れていきます。

  1. Access Key:アクセスキーを入力
  2. Secret Key:シークレットキーを入力
  3. Encryption password:空白でエンター
  4. Path to GPG program: Noneと打ってエンター
  5. Use HTTPS protocol: Trueと打ってエンター
  6. HTTP Proxy server name:空白でエンター
  7. HTTP Proxy server port: 0と打ってエンター

接続テストをしますか?の質問などでY/Nと表示されるところは適当にyと打ってエンターを押していったら大丈夫そうでした。

確認

ファイルやディレクトリを確認できます。

s3cmd ls

s3://xxx~というバケット名一覧が表示されます。

s3cmd ls s3://xxx~

ファイルをアップロードする

s3cmd put アップロードしたいローカルファイル名 s3://s3://xxx~/hoge/

でも色々できそうで、ターミナル操作になれない私には危険だったので一旦利用は中止しました。

参考:Mac OS Xでs3cmdを使って、Amazon S3、さくらのBASE Storageのファイルを操作する

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません