CentOS6で、ls -l 打った時にパーミッションの最後に.(ドット)がつく

@iwasaki 694views 更新:2015年3月20日

CentOS5

# ls -lat /usr/local/aipo/jre/lib/i386/server/libjvm.so
-rwxr-xr-x 1 uucp 143 12799873  2月 11 15:26 /usr/local/aipo/jre/lib/i386/server/libjvm.so

CentOS6

#  ls -lat /usr/local/aipo/jre/lib/i386/server/libjvm.so
-rwxr-xr-x. 1 uucp 143 12799873  2月 11 15:26 2015 /usr/local/aipo/jre/lib/i386/server/libjvm.so

-rwxr-xr-xの最後についている.(ドット)はSELinux有効化で作られたファイル・フォルダにつくものになります。

selinuxを無効化しても、元々あったファイルにはドットはついたままになります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません