Swiftで安全にUnwrappする

Tomoumi Nishimura 26views 更新:2015年3月26日

Swiftでは、nilが値に含まれうるような型のことをOptionalな型といい、通常の型と区別します。

Optionalな値は通常の値と同様に使うことはできず、使用する場合、必ずUnwrappをする必要があります。

(Javaで言うNullPointerExceptionを可能な限り排除する仕組みで、好ましいですね)

Unwrappには強制的な方法もあるのですが、以下の様なやり方でUnwrappすると、値が有効な場合とnilの場合とで区別することが可能となり、安全なプログラムになります。

if let val = optVal {
  // 有効な値の場合の処理
  println("value = \(val).")
} else {
  // 値がnilだった場合の処理
  println("value is nil.")
}

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません