さくらクラウドにログインしてCentOSを立ち上げるまでの手順

alkoshikawa 308views 更新:2015年3月27日

さくらのクラウドにログイン > Iaas

メニューのサーバをクリック > 追加 

コアやメモリやアーカイブは任意

仮想コア・・・4
メモリ・・・8GB
新規ディスクを作成
ディスクプラン・・・SSDプラン
ディスクソース・・・アーカイブ
アーカイブ選択・・・20GB CentOS64bit
ディスクサイズ20GB
準仮想化モードを使用する

インターネットに接続
準仮想化モードを使用する (Virtio)

ディスクの修正をする
管理ユーザーのパスワード
{password}

ホスト名
{hostname}

公開鍵
あり

ssh-rsa xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

配置するスタートアップスクリプト
yum update

名前
{hostname}

説明
なし

タグ
なし

アイコン
CentOS

仮想サーバー上のキーボードをUS配列として設定する

作成後すぐに起動

パケットフィルターは

メニューのネットワーク > パケットフィルター > 追加

から作成し

メニューのサーバー > 作成したインスタンスを選択 > 詳細

メニューのNIC > パケットフィルター

で設定できる。

FireWallと違ってパケットフィルターなので、SSHのポートとか、FTPのポートとかを最後にdenyする形にする。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません