iNodeの数を表示する

alkoshikawa 31views 更新:2015年4月1日

普段iNodeの数を気にすることはまずないですが、
容量の少ないファイルがたくさんある環境においては気にしたほうがいいかもしれません。

iNodeはファイルやディレクトリに対して振られるIDで、
ユーザーインターフェースではファイルやディレクトリは名前で管理されていますが、
実際はiNodeのIDで管理されています。

こいつは個数上限をもっていて、HDDのサイズとファイルシステムなどに依存した値をとります。

容量の少ないファイルが大量にある場合、
ディスク容量は余っているのにファイルを書き込めないことが発生します。

まあ一度もそんな環境にあたったことはないですが、以下のコマンドで残りのiNode数などを表示できます。

df -i

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません