VirtualBoxにインストールしたCentOS 6.6 64bit版 minimalから最初にやること

@iwasaki 209views 更新:2015年4月1日

VirtualBox上のCentOSをminimalインストールしたあとに定型的にやっている作業です。

  1. nameserverの設定
  2. 必要最低限のモジュールインストール
  3. VBoxLinuxAdditionsのセットアップ
  4. 共有フォルダのマウント設定
  5. 共有フォルダの自動マウント設定
echo nameserver 192.168.1.1 >> /etc/resolv.conf
mkdir /mnt/cdrom
mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom
yum install -y gcc make kernel-devel perl
yum install -y gcc nmap lsof unzip readline-devel zlib-devel
cd /mnt/cdrom
yum -y install kernel-devel-2.6.32-504.el6.x86_64
sh ./VBoxLinuxAdditions.run
mkdir -p /mnt/hgfs/Shares/
mount -t vboxsf -o dmode=0777,fmode=0777 Shares /mnt/hgfs/Shares/
echo mount -t vboxsf -o dmode=0777,fmode=0777 Shares /mnt/hgfs/Shares/  >> /etc/rc.local

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません