サーバー完成図書を自動で作りたいんだ 第1話 CPUコア数、メモリ容量、HDD容量

高瀬 裕介 137views 更新:2015年4月3日
#!/bin/sh
IFS=$'\n'
CPU_CORE=`cat /proc/cpuinfo | grep "cpu cores" | cut -f2 -d: | sed -e "s/ //g"`

echo "|_. 項目|_. 値|"

if [ ! "${CPU_CORE}" ]; then
  echo "[WARN] CPUコア数が取得できませんでした" >&2
  echo "|CPU||"
else
  echo "|CPU|${CPU_CORE} コア|"
fi

MEMORY_MB=`free -m | grep Mem | sed -e"s/[ \t]\+/ /g" | cut -f2 -d' '`
MEMORY=`echo "scale=4; ${MEMORY_MB} / 1024" | bc | awk '{printf("%d\n",$1 + 0.5)}'`

if [ ! "${MEMORY}" ]; then
  echo "[WARN] メモリ量が取得できませんでした" >&2
  echo "|メモリ||"
else 
  if [ ${MEMORY} -le 0 ]; then
    echo "|メモリ|${MEMORY_MB} MB|"
  else 
    echo "|メモリ|${MEMORY} GB|"
  fi
fi

HDD=`df -h | egrep "/ *$" | sed -e"s/[ \t]\+/ /g" | cut -f2 -d' ' | sed -e "s/\([0-9]\+\)\([^0-9]\+\)/\1 \2/g"`

if [ ! "${HDD}" ]; then
  echo "[WARN] メモリ量が取得できませんでした" >&2
  echo "|ハードディスク||"
else
  echo "|ハードディスク|${HDD}B|"
fi

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません