javaファイル内の他言語化

shoteny 67views 更新:2015年4月6日

開発でよく利用する他言語化、AipoLocalizationファイルを編集して新しく使いたい文字列を利用していくのだが、編集するファイルに気をつけたい。 本日ajax-account-user.vmファイルに

#AUIbuttonAction($l10n.ACCOUNT_USER_EXPORT "javascript:aipo.common.showDialog('$addUser','$!portlet.ID',aipo.account_user.onLoadUserDialog);")

というコードを書き、上記のコードのACCOUNT_USER_EXPORTの部分を”ユーザーをエクスポート”という文字列と対応させるため、AipoLocalizationファイルを編集していたが、AipoLocalization_de.propertiesを編集していたため、ajax-account-user.vmのACCOUNT_USER_EXPORTに文字列を適用させることが出来なかった。 考えた末に、AipoLocalization_ja.propertiesを編集して、無事に文字列を適用させることが出来たのだが、こういうミスには気をつけていきたい。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません