【GitHub】ローカルを最新の状態にリセットする方法

Yukimi Sato 183views 更新:2015年4月8日

conflictしてしまった時や、あちこちいじり過ぎてどれが最新なのか怖くてpullできない時のために再設置の方法をメモ。
もっとスマートな方法があると思いますが、ベタベタな方法を紹介します。

前提

GitHub for Mac もしくは Windows を使用中の方向けです。

1. 該当のローカルディレクトリをまるごと削除

まずはローカルにある該当のディレクトリをまるっと削除します。バックアップを忘れずに。

2. GitHub for Mac(もしくは Windows)のサイドブロックにある該当リポジトリをRemoveする

これで一旦ローカルにあるファイルとGitの結びつけを解除します。

3. GitHubのwebサイトから再設置を行う

GitHubのwebサイトの該当リポジトリページから「Clone in Desktop」をクリックして再設置します。

これで完了です。ベタベタですがコミットをpullする前に「あ、間違えた!」なんて時にも有効だったり…(あまり良いことではありませんが!)

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません