SQL基礎構文2

kensuke-iizuka 29views 更新:2015年4月10日

前回の続きで知らなかった部分を付け足したいと思います。

FROM句

SELECT構文の検索条件を指定するためのものです。 例えば

SELECT StudentID, Name FROM Students

と命令すると「StudentsというテーブルからStudentIDとNameを取得しなさい」ということになります。 SELECTの後のFROMはテーブルの指定をします。FROMから後ろをまとめてFROM句とかFROM文節と言います。 カラムの指定には

SELECT * FROM Students

のように全てのカラムを取得することも可能です。 前回紹介したWHEREと組み合わせると自分のほしいデータだけ表示させることが出来そうですね。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません