NSNotificationを追加・削除する

Tomoumi Nishimura 240views 更新:2015年4月10日

NSNotificationはaddObserverで登録することができますが、addObserverが返す返り値を利用してremoveObserverを起動することが可能です。

// 追加
let observer = NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserverForName(...略...)

// 削除
NSNotificationCenter.defaultCenter().removeObserver(observer)

observerをリストにして保持しておくことで、画面遷移時などの削除が容易になります。

// observer保持用のリスト 
var observers = [NSObjectProtocol]()

// 追加時
observers.append(NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserverForName(...略...))

// 削除時
for observer in observers {
  NSNotificationCenter.defaultCenter().removeObserver(observer)
}

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません